『腐ったトマト』を召し上がれ。


食べ残しに賞味期限切れ。「美味しくなかった」という理由でゴミ箱に食べ物を捨てた経験はないだろうか?

日本で年間に捨てられている食糧は1800万トン。一人あたりに換算すると「おにぎりを1日5個」捨てていることになる。一方世界では、9人に1人が食糧不足のために今この瞬間も生死の境を彷徨っている。

大量の食糧廃棄と、深刻な食糧不足が地球上で同時に進行する矛盾。「他人のことは我関せず」の日本人に対し、ついに「食べ物の逆襲」が始まる。

食卓に青カビソーセージはいかが?

「カビの生えた山盛りソーセージ」

(Photo by Klaus Pichler)

(Photo by Klaus Pichler)

「虫の沸いたステーキ肉」

(Photo by Klaus Pichler)

(Photo by Klaus Pichler)

「腐った果汁が滴り落ちる潰れたスイカ」

(Photo by Klaus Pichler)

(Photo by Klaus Pichler)

 食事中には目を背けたくなるようなエキセントリックな写真たち。しかし、これまで知らなかった食べ物の末路に、不思議と目が釘付けになってしまう人は多いのではないだろうか。これらはすべて、写真家Klaus Pichlerの「One Third」という作品の一部である。

 食べ物を粗末にしている!!と世界各地から大批判の声を頂戴しそうだが、彼が作品を通して伝えたいことは、まさに「食べ物を粗末にしている人間に対する忠告」である。食べられる状態のまま捨てられた食べ物たちは、カビ塗れになり異臭を放つ。まるでその様は、食べ物がゾンビに姿を変えて人間を襲おうとしているかのようだ。

豊かになるほど低下する「食べ物の価値」

(Photo by eltpics)

(Photo by eltpics)

 Klaus Pichlerは世界の食糧問題に対し「消費社会に生きる人々の浪費が、食べ物の価値を低下させている」と意見を唱える。

 アメリカでも日本でも、スーパーマーケットは大量の食品で溢れている。嗜好品のチーズを買う時、食後のデザートにケーキを買う時、「食べ物の末路」まで考えて購入する人が何人いるだろう。先進国における飽食の環境で、「本当に必要な食べ物なのか」を考えずに購入し、口に合わなかったり賞味期限が切れてしまったら、迷わずゴミ箱に食べ物を捨てる。

 果たしてこれは、本当の豊かさと呼べるだろうか。

日本の食糧廃棄量は世界No. 1

(Photo by stupid pony)

(Photo by stupid pony)

 世界でいちばん食べ物を無駄にしている国、と聞くと「アメリカ?」と答えたくなる。しかし、実はアメリカよりも日本の方が一人あたりが1日に捨てている食べ物の量が多いのだ。

 日本は食糧のうち40%以上を外国からの輸入に頼っている。しかし、その大半を廃棄していることになる。輸出国側がこの事実を知ったら呆れるに違いない。恐ろしいのは、日本が「世界No. 1食糧浪費国」であることを、国民のほとんどが知らないということだ。

 私たちが何も考えずに捨てているおにぎりが、ある日カビの生えたアート作品となって再び目の前に現れないことを祈る。

【表参道で「食べる」について考えよう】

今月1月19日(木)Be inspired!主催で、日本や世界で起こる社会問題を「知って、考えて、行動する」がコンセプトの映画上映イベント『ゲリラシネマ』を開催します。

第3回目となる今回のテーマは前回に引き続き「食べる」について。

欧州5ヶ国を5週間、廃棄料理しか食べずに「食糧危機」を吹き飛ばすエンタメ・ロードムービー「0円キッチン」の特別先行試写会を行います!

オーストリアから来日中の監督挨拶にくわえ、日本の社会から食に対する「もったいない」をなくそうと取り組む方々によるトークショーも。

会場では、まだ食べられるのに捨てられる運命にあった食材から作ったカレーやジュースを提供します。

みんなでおいしく「食べる」について考えて、よりよい社会を作りませんか?

詳細は下の画像をタッチ!

gc3_fb用

—————
Text by Megumi Satou
ーBe inspired!

One third  - a project on food waste
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします